注目キーワード
  1. AMP
  2. SEO
  3. PWA

海外有料アダルトサイトについて

NO IMAGE

なぜわざわざ海外のアダルトサイトなのか

普通の洋物AV好きなら日本語表記の日本人向けの有料アダルトサイトを利用するでしょう。

しかし英語圏は日本語圏より人口が多くマーケットが広いので日本よりもはるかに競争が激しく、作品の品質・量は非常に高く、価格は安いのです。

そう、私のように洋画好きから始まり、AVも洋物が大好きな本格派にとっては不慣れな英語表記であろうとも、やはり本場の海外有料アダルトサイトでなければ満足できないのです。

①無修正である

アダルトサイトを嗜む紳士諸君は当然ご存じでしょうが、無修正であるということ。

モザイクを入れられて嬉しい人はいないでしょう。

②料金が安い

大まかな目安ですが1500円~4000円/月くらい。

キャンペーン、クーポンによってはさらに安く利用できます。

③DRMがない

つまりダウンロードした動画は退会後にも再生できるということです。

日本のサイトはDRMがかかっていて退会後には再生できないクソ仕様になっているものが多いです。私は昔この仕様を知らずにせっせとダウンロードして退会後に愕然とした経験があります。

④ダウンロード制限がない

日本のサイトは「1日に何GBまで」とか制限があることが多いですが、海外のサイトはほとんどありません。ダウンロードし放題です。

*2020年頃からサイトによってはですがダウンロード制限がされ始めました(残念です)

⑤画質がいい

4Kであったり60fpsを導入しているサイトが増えてきています。

これは個人の主観になりますが、同じ1080pでもFANZA(旧DMM)などの日本のサイトより綺麗に見えます。更に60fpsの動画はヌルヌル動いて30fpsとの違いは明らかです。やはりヌルヌルは気持ちいい。

海外と日本の有料アダルトサイトの違い

  海外のサイト 日本のサイト
会費(30日) 安い($15~40くらい) 高い($50くらい)
決済手段 クレジットカード クレジットカード
銀行振込
ダウンロード制限 制限なし 制限あり
DRM なし あり
サポート 英語 日本語
自動更新 あり あり

必ずしもすべてのサイトに当てはまるわけではありませんが上記の傾向が強いです。要約すると海外のサイトは全体的に安くてダウンロード制限もないが、トラブル発生時は英語で解決する必要があります。

 

決済はどうなるのか

海外有料アダルトサイトの多くはアメリカドル(USD)で料金が表示されています。

入会時に日本円に換算して決済されるので、その日の為替相場で価格が変動します。

基本的に決済はクレジットカードで行うことになります。

VISAとMasterCardはほぼ確実に使えます。この二つが使えない事態に遭遇したことはありません。次いでJCBやDiners ClubやDISCOVERといったところでしょうか。これはサイトにより異なります。

 

クレジットカード明細はどうなるのか

私は「エロサイト USA」などといった明細であっても平気ですが、なかには恥ずかしい方もおられるでしょう。

ご安心ください。大概はサイト名が表記されることはなく、決済会社の名前と利用国が表記されるだけです。「MBI-PROBILLER.COM利用国CYP」とか「EPOCH.COM *LATOURA利用国USA」とか。

ただしかなり少ないケースだと思いますが、「ADULT TIME」というサイトに入会した時には、明細に「ADULTIME.COM利用国USA」と表記されていました。

いやー、一番サイト名で明細出したらダメなやつでしょ。。

「BRAZZERS」とか「DDF NETWORK」とかそういったサイトならサイト名が明細に載ってもぱっと見わからないですからね。ちなみにこの2つは決済会社名と利用国の表記でした。

 

デバイスは何が使えるか

パソコン(windows、Macともに可)はもちろん、スマートフォンも可能です。

しかし、スマートフォンの場合は容量が少ないのでダウンロードして溜めておく、コレクションとして大量に保管しておくには不向きです。

ストリーミング(サイト上での再生)のみ利用の場合はスマートフォンでも画面が小さい以外の問題はありません。

 

保存容量はどれくらい必要か

目安として動画1本フルハイビジョン(1080p)で1~4GB。4K(2160p)で4~8GBくらいの印象です。もちろん動画の時間によります。保存形式は”mp4″が多いです。

個人差があるでしょうが、最低でも1TBくらいはあった方がいいでしょう。外付けハードディスクなら安いのを探せば6TBで1万円を切るものもありますから、アダルト動画専用として1つ用意しておいたら良いかと思います。

 

迷惑メールは来るのか

入会の際にメールアドレスの入力は避けて通れません。

そして登録内容や退会完了メールといった必要なメールだけでなく、運営サイトからのプロモーションメールや海外のデートサイトの勧誘メールなども届いてしまいます。

なので普段メインで使っているメールアドレスを登録するのはおすすめしません。

とはいえとんでもない量(50件/日とか)ではないので過剰に警戒しなくてもいいでしょう。

すでにスパムメールが大量に届いている状況の方なら気にならないレベルと思いますが来るには来ます。

よって手軽に作れるGmailやYahoo!メールなどのフリーメールを一つアダルト専用に用意しておくことをおすすめします。

 

気を付けることは

海外の有料アダルトサイトはほとんどの場合、入会登録時に抱合せ販売(cross sell) があります

強制的に購入させられる訳ではなく自分の意志で外せますのでご安心ください。

ただ、クレジットカード情報の入力に気を取られて抱き合わせのチェックを外し忘れる方が多いので注意して画面の隅々まできっちり確認しましょう。

余談ですが、昔と比べて最近は入会登録画面は親切に日本語対応のサイトが増えているような気がします。(上記画像の様な)